外壁リフォームの効果とは?

外壁リフォームの効果とは? 外壁リフォームを行うと、単に「家の見栄えが良くなる」のみならず、さまざまな効果が上がります。
いったいどのような効果があるのでしょうか? 家の建材であるコンクリート、木材、スチールやアルミなどの金属、プラスチックなどは、放置しておくと、雨風や紫外線、地震や台風による揺れの影響を受けて腐食し、劣化してしまいます。
外壁リフォームを行えばそれらを保護することができますので、建物の耐久性が保たれ、寿命を延ばすことができます。
では、外壁がどのような状態になっていたらリフォームを行うべきなのでしょうか。
表面を手のひらでこすってみて白い粉がつく、いわゆる「チョーキング」現象が起きていたら、塗料が劣化しているサインです。
また、ひび割れ(クラック)や剥がれが見えていないか、カビや藻類が発生していないかなども確認しましょう。
いずれも劣化のサインです。
最近では断熱・遮熱の機能を持つ塗料も登場しており、これを使えば室温が外気の影響を受けにくくなりますので、「冬は暖かく夏は涼しい」室内を実現することもできます。
光熱費を節約でき、省エネにもつながります。
適切に外壁リフォームを行えば、家の資産価値を落とさずに済み、さらに、住み心地の快適さを保つことができるのです。

外壁リフォームの目的とは?

外壁リフォームの目的とは? 建てたばかりの頃はきれいだった家の外観も、築年数が経過するとだんだんと汚れや色褪せなどが目立つようになってきます。
家の外壁リフォームをすることは家の外観の美しさを保つためのものと考えがちですが、実は外壁リフォームの目的は家の見た目をきれいに保つことよりもむしろ家の躯体部分を腐食などから守ることが最大の目的です。
外壁は四季を通して様々な気象条件や強い日差しにさらされ続けることで年月が経過するとともに少しずつ劣化していくものです。
材質や工法によっても異なりますが、ある程度の年数が経過すればいずれは外壁リフォームで塗り直しをすることが必要になります。
見た目に少し色褪せしたように感じるけれど、まだ我慢できる程度だしお金もかかるからという理由で外壁の塗り直しを先延ばしにしてしまうと、家の外観がどんどん古びた感じになってしまうばかりでなく、劣化した外壁のひび割れなどの部分から雨水が侵入し、家の土台や大切な柱などの躯体部分を腐らせ、結果的に高額の修繕費が必要になってしまうことも考えられます。
外壁塗装が必要な理由と目的をきちんと理解し、定期的に外壁リフォームすることを家の大切なメンテナンスの一つとして計画する必要があります。

おすすめ防水工事関連リンク

塗装や防水工事のことならお気軽にご相談ください

防水工事を東京で頼む