外壁リフォームを行なう周期はどれくらい?

外壁リフォームを行なう周期はどれくらい? 外壁リフォームは適切な時期に行わないと壁にダメージを与えてしまい、かえって工事費が高くなるため注意が必要です。
壁の材質によっても異なりますが、外壁リフォームの周期は、短くて3、4年から、長い場合は10年から20年です。
例えばアクリル系塗料は、耐用年数はおよそ4年から7年ですが、費用が安いというメリットがあります。
ウレタン系塗料もコストが低い塗料で、リフォームの時期は6年から10年となっています。
一方、光触媒塗料は、外壁塗装工事費用は比較的高いですが、その代わりリフォーム周期がおよそ10年から15年です。
さらにピュアアクリル塗料の場合は耐久度が非常に高く、リフォームは12年から15年前後です。
しかもピュアアクリル塗料は、優れた防水性を持つという利点もあります。
その他、遮熱系塗料も耐久度の高い人気の塗料で、リフォームの周期は15年から20年です。
特に遮熱系は、熱を反射する作用があるため、室内温度が快適に保たれます。

安全な外壁リフォームに必要なこと

安全な外壁リフォームに必要なこと 住まいの快適性は、内装だけでなく外装の確かさにこそ表れます。
とくにいつも雨風に晒され、日光に照らされ続ける部分は損傷が激しいものです。
このため定期的な外壁リフォームは重要であり、きちんと実施してこそ安全性は確保されます。
もし古いまま放置しておくと、建材が剥がれ落ち、落下物と接触しかねません。
そこまで極端でなくとも、カビの繁殖は広がり、家の内部にまでダメージを与える可能性があります。
もちろん、外壁リフォーム中の安全対策は重要です。
家を取り囲むような大規模工事になるため、繊細な配慮が求められます。
これらの要素を踏まえれば、担当する工務店の力量こそがなにより大切です。
きちんと実績や信頼性があるか、工事中は周辺環境にも気を向けてくれるかを事前に確認しなくてはなりません。
まずは担当する工務店の評判や口コミをチェックして、目先に安さに惑わされないようにすることが肝要です。
その上で信用できる専門家に任せて、外壁リフォームを成功させていきましょう。