近隣へのトラブル

近隣へのトラブル 外壁リフォームを行うときは、工事車両が出入りしたり、家の前に車両を横付けにすることでご近所に迷惑をかけてしまうことがあります。
外壁リフォームは一般的に足場を組んで作業をすることになっていますが、足場を組むときには、足場となるパイプをトラックから降ろすために家の付近に車をとめたり、パイプを組み立てるときにカンカンという独特な音が周囲に響いてしまいます。
騒音や車の出入りは近隣トラブルになりやすいですから、外壁リフォーム工事を行う前に挨拶をして、迷惑をかけてしまうことの断りを入れておく必要があります。
信頼できる工事業者であれば、工事を行う前に、近隣の人達に挨拶周りをしています。
工事業者とは別に、近隣に挨拶をしておき、工事の内容や工事期間をあらかじめ伝えておくことで、トラブルを防ぎことができます。
ご近所さんとは、工事が終わった後も仲良く接していきたいと考えるのは当然ですから、一言挨拶をしておくことを忘れないようにします。

業者選びのポイント

業者選びのポイント 外壁リフォームを行うときは、業者選びを慎重に行う必要があります。
その理由は、外壁リフォーム工事は決められた価格がないため、業者によって同じ工事内容であっても費用が異なるからです。
そのため複数の業者から見積もりをとって、相場を確かめる必要があります。
相場より高い費用の時はぼったくりに合う可能性がありますし、安すぎる費用の場合は手抜き工事をされてしまう恐れがあります。
平均的な相場を確認してから見積もり書の内容を細かく精査することが大事です。
見積もり書には使用する塗料の種類や量が明記されているかを確認し、足場代は別料金になっていないかなどもチェックします。
そして工事が終わった後に不備があった場合、対処してもらえるのかどうか、保険の加入の有無などもチェックします。
見積もり書を受け取ったときに、口頭で内容を説明してもらうことで、信頼できる業者か確認することも大事です。
外壁リフォームで失敗しないようにするため、業者選びに時間をかけることが必要です。