錯覚による色の変化

錯覚による色の変化 外壁リフォームでは塗料の色を選ぶ必要が在りますが、塗料の色選びは失敗してしまうと塗料の耐用年数を迎えるまでの間は、外壁リフォームを行った時の色と付き合う事になるため、誰もが慎重になるのが特徴です。
塗料の色選びと言うのは、小さなカラーサンプルを見て選ぶことになるのですが、小さなカラーサンプルでは良い色に見えたものが実際に塗装をしてみるとイメージとは異なる事が在ります。
これは小さな面積で見た時は良い色でも、大きな面積の外壁に塗料を使って塗る事での目の錯覚によるものです。
一般的に、カラーサンプルで見て良いと感じた色よりも濃い目のものを選んでおくことで目の錯覚が生じにくくなり、外壁に塗った時に丁度良い色合いに仕上がると言われています。
また、カラーサンプルを見る時には表に出て太陽の下で見るのが大切で、蛍光灯の下でカラーサンプルを見た場合、面積と同じく目の錯覚などにより適正な色合いの塗料を選べないからなのです。

周囲と調和

外壁リフォームの失敗しない色選び 外壁リフォームでは調和がキーワードとなります。
建築が絵画や彫刻などと異なる点は、単独存在しているのではないという点です。
建築は周辺環境との関係性の中にあり、住宅も例外ではありません。
このことは、周辺環境に埋没することではなく、目立つにしろ、目立ち方があるという事です。
周辺との関係の前に外壁リフォームではその住宅自身の屋根と調和する必要があります。
外壁は屋根材の材質や色と合ったものでなければなりません。
外壁は屋根よりもトーンを落とした明るめの色の方が良く合います。
周辺との関係では住宅の廻りに他の住宅が建て込んでいるのか、緑地が広がっているのかによっても異なります。
周辺とは色合いを合わせるか、或は、補色といわれる正反対の色を組み合わせるとうまくいきます。
逆に、周辺と近い色合いはきれいに見えません。
周辺が緑の場合に、青を使うと醜く見えてしまいます。
緑と合うのは赤系などの補色です。
外壁リフォームでは周囲との調和が大切になります。