外壁リフォームの申し込みから完了までにかかる期間

外壁リフォームの申し込みから完了までにかかる期間 通常外壁リフォームをリフォーム会社に申し込んでから全て完了するまでにかかる期間は、2週間から長くても1ヶ月でしょう。
人気のあるリフォーム会社や、少人数でやっているような会社ですと申し込んでから作業が始まるまで2週間から1ヶ月ほど待たされる場合もありますが、申し込んで「明日から工事始められます!」というような会社よりは安心でしょう。
すぐに取り掛かれるということは裏を返せば不人気のリフォーム会社かもしれません。いずれにしても外壁リフォームを考えるときは、期日に余裕を持って検討するようにしましょう。
外壁リフォームの施工手順は、①足場を組む②洗浄③下地施工④本塗料施工⑤完了、引渡し の順番で行われます。梅雨時期や真冬の気温が低い時期ですと塗料が乾くまでの時間が長くかかるので、納期も長くなるかもしれません。
施工が終わったら引渡し前の確認をよくするようにしましょう。足場を外してしまうと確認することも困難ですし、引渡し前なら部分的なやり直しくらいはやって貰えるでしょう。

外壁リフォームの1日の工事時間とは

外壁リフォームの1日の工事時間とは リフォーム会社に外壁リフォームを依頼するとほとんどの場合は業者が「作業工程スケジュール表」を作ってきてくれます。
日数は外壁リフォームだけだと、だいたい2週間から1ヶ月ほどで完了します。作業開始時刻や終了目安時刻もこのスケジュール表に記載されていることが多いです。
1日の工事時間は、業者によって差はありますが、だいたい8時くらいに職人さんが来て作業開始し、遅くても5時には帰ります。途中10時と15時ごろ休憩を取り、お昼も1時間ほど休憩を取るのが一般的です。
なので一日の作業時間は長くて7時間ほどでしょうか。また、作業工程によっては午前中だけで終了してしまう日もあります。
外壁塗装は「乾かす」工程が発生するためです。また、塗装を開始する前に足場を組んだり洗浄をする工程がありますが、これらの工程の日の工事時間は短い事が多いです。
ひたすら外壁に塗料を塗る工程の日は、おそらく朝から夕方までフルで作業するでしょう。